防災グッズ 一覧

足りないものをチェック

防災グッズ,一覧,防災の日

我が家では防災の日に常備している防災グッズで足りないものがないかチェックしていますよ!
非常食品や水は賞味期限もあるので、日常生活で使うこともあるのでなくなっていることもありますからね(*^-゜)/
乾パンとかアルファ化米、保存パン、缶詰、レトルト食品、サプリメントなどの食品は防災の日にはチェックしたいですね。
東北大震災の時はインスタントラーメンやミネラルウォーター、赤ちゃんがいたので粉ミルクがなくて焦りました (´д` ;)

 

また缶詰などを開ける道具、紙コップ、紙皿、アルミホイール、ラップ、給水用のタンク、カセットコンロは必要になりますよ。
1週間は自力で暮らしていける覚悟がないとダメですからね。

 

あとは怪我した時の応急処置用医療グッズも必要かなと思いましたよ!包帯とか絆創膏、マスク、薬とか…
懐中電灯、乾電池、ビニール袋、バケツ、ろうそく、ウェットティッシュ、ランタン、毛布、軍手、ラジオ、ヘルメットもあればグッズとしては完ぺきかな(^^♪

 

携帯電話、充電器、筆記用具もあったほうがいいでしょうね〜挙げるとキリがないですね(+_+)
でも東北大震災の時に無くて困ったものは上記でしたね。いざって時のために常備しておいたほうがいいですね。

 

災害グッズ通販一覧

私は防災グッズは量販店で買うと一回では家まで持ってこれないので、よく通販で購入していますよ♪
そうするとまとめて一式セットで揃えることができるので便利です。
下記に私が利用している防災グッズ商店を参考までに載せておきますね。

アイリスプラザ


ホームセンターなどでも人気のアイリスオーヤマの通販ショップです。
私もよく利用しているショップです。家で注文できるのでスゴイ楽なんです。
家具転倒防止伸縮棒も水のタンク、ミネラルウォーターも箱買いして届けてもらいましたよ^^

 

>>防災グッズ一覧を見てみる

 

電池屋



このショップには災害や防災、停電時の非常用電源とかたくさん売っているのでたまに見ています。近所のホームセンターでは置いていないような災害用バッテリーとかあとはくり返し充電して使える水素電池とかも豊富にあります。
ニッケル電池とかはいざというときのために必要になるので我が家も常備しています。
キャンプやアウトドアで使うために購入する人も多いようですがね。ちょっと高いですが一生使えるものなので買いました。早速計画停電の時に大活躍しました♪

 

>>電池屋の公式通販サイトはこちら

 

防犯&防災商品販売サイト



非常食、保存水、簡易トイレ、避難セットなど防災士が選んだ防災グッズセットは必ず用意しておきたいですね。
家族が多ければ家族分必要ではないでしょうか?
量販店と値段を比べてみましたが、送料入れても通販のほうが断然安いです!

 

>>災害グッズを見てみる

 

KRクールBOX



震災の時に意外に大活躍したのがこのクールボックスでした。冷蔵庫の物をすべてこの中に入れて保存しました。
親戚の人が車中泊用に使っているやつなんだけどこういうの災害の時には使えるんですよねー
小さめのタイプなら邪魔にならないので一個あってもいいかもって思いました。車中泊する人ならオススメです。

 

>>KRクールBOXの詳細はこちら

 

 

 

災害なんて来ないから大丈夫?

災害なんて自分の住んでいるところには無関係だから大丈夫・・・本気でそう思っていますか?
実際私もそう思っていました。防災グッズなんてワイドショーで特集組まれていてもどこが上の空でした。
でも東北大震災で被災しました、、、タンスは倒れる、食器が割れる、テーブルの下から押しつぶされて出られない、子供の声はするがそこまで助けられない、電気は停電、ガスは出ない、水も出ないからトイレも使えない、お風呂は入れない、水も飲めない、赤ちゃんが泣きわめく、寒い、テレビ・ラジオが点かないので情報が取れない、携帯電話の電源が切れる、食料がなくなってお腹が空く、スーパー・コンビニは長蛇の列で売り切れ、電池もない、ガソリンもない、水が押し寄せてくる、着替えもない、カップラーメンはあるが火が使えないので家族で分けあってバリバリ食べる・・・・本当に死ぬかと思いました(泣)
思い出したら涙が出てきます。子どもと赤ちゃんが無事だったのは奇跡です。生きるのに必死でした。
自分のところに災害なんて来るわけがないというおごりのツケでしょうか。
地震、津波、火山噴火、集中豪雨、台風、火災、土砂崩れ、、、日本にいる限り災害の来ないところなんてないと思います。
家族のためにも最低限でもいいので防災災害グッズは準備しておきましょう。。